So-net無料ブログ作成

観光客の増加にホクホク、スタンプラリー効果に期待 [世相雑感]

 スタンプラリー.png

明治維新を成し遂げた雄藩の結びつきは、今も強いようだ。
鹿児島、山口、高知、佐賀県の広域キャンペーン「平成の薩長土肥連合」。
4県を回るスタンプラリーが好評で2万冊用意した帳面を同じ数だけ増刷したという。

手のひら大で20ページ。
4県10か所ずつの施設が対象で、県をまたいで一定の数に達すると抽選で特産品や本が当たる。
それを目当てにあと二つ、あと一つの深みにはまる「魔力もあろう。

今やスタンプラリーは観光客争奪戦の舞台となりつつあるのか。
全国的に人気を集めている。
高地には県内限定の「龍馬パスポート」もある。
さらに中四国の4県を巡るラリーも同時展開中で、一つの施設に複数のスタンプが置かれるところも。

元祖は1970年の大阪万博らしい。
パビリオン巡りのスタンプ集めが各地の駅に広がり、商店街の客寄せや広域観光にも活用されるようになった。
地域の滞在時間が1.4倍に伸びるとの調査もあって効果は大きい。

維新150年が2年後に迫ってきた。
薩長土肥では、このラリーをきっかけに歴史に興味を持ち、ゆかりの地を巡り始めた人も多いらしい。
スタンプの魔力を、賞品だけにとどめてはもったいない。




スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。