So-net無料ブログ作成

七転び八起き、打たれてなお強し、あまちゃんの北三陸は立ち上がる [世相雑感]

北三陸.png

また「あまロス」に襲われるか。
ケーブルテレビの楽しみだった連ドラ「あまちゃん」再放送が終わった。
岩手県久慈市をロケ地とする架空の街「北三陸」を舞台に3・11の前と後を描く。

津波を乗り越え、輝くヒロインに元気をもらうだけではない。
脇役の熱演怪演にも心和む。
地元の喫茶店にたむろする「勉さん」もその一人。
特産の琥珀(こはく)堀で無口な変わり者だが、ここぞという場面に人の力になる。

ドラマ人気に誘われて久慈に足を延ばし、琥珀製品を手にしたのを思い出す。
全国から集うあまちゃんファンの目の輝きも驚いた。
NHKの放送から3年、やや神通力も薄れ始めたところに襲ったのが台風10号である。

お茶の間でおなじみの「北三陸」は街中が水没して泥だらけに。
意気消沈する中にも明るい動きはある。
劇中の喫茶店のモデルとなった店が、きのう復活した。
ファンの聖地として熱い励ましや片付けの支援を受けて。

勉さん役の塩見三省さんも気遣うメールを寄せ、ロケで意気投合した店主の力となったらしい。
大震災から5年半、台風で二重の被災地となったところは少なくない。
元気を出し、人の輪を再び広げるためにも「続編」を願いたい。

※「あまロス」症候群  知恵蔵miniの解説

2013年度上半期放送のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の放送終了後に視聴者が覚える喪失感の深さを、ペットロス症候群にかけて表した造語。「あまちゃん」は同年4月の放送開始から9月26日放送分までの期間平均視聴率が20.6%(ビデオリサーチ調べ)を記録した大ヒットドラマで、登場人物が子ども、親、祖父母の3世代にまたがっていたことから、ファン層も広い。
(2013-9-31)




スポンサードリンク



タグ:北三陸
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。