So-net無料ブログ作成

大疑獄事件に発展か、豊洲市場の地下は空洞すっからかん [世相雑感]

豊洲市場.jpg

豊臣秀吉は能をこよなく愛した。
見るだけに飽き足らず、自らの出世を描いた演目を作らせて舞うほど。
その太閤ゆかりとされる能舞台は没後、伏見城から備後に移され、今は福山市鞆町の沼名前(ぬなくま)神社の境内に立つ。

もともと合戦場などへの持ち運びも想定した組み立て式だった。
移設に当たっては、床下の細工も抜かりない。
演者が踏み鳴らす音を響かせるために、大ぶりな甕(かめ)を7基ほど潜り込ませた。
昔ながらの音響装置である。

こちらの床下は本来あるべきものがない。
東京都が築地から移転させる豊洲市場だ。
土壌汚染対策で切り札の「盛り土」が、肝心な場所にないことが発覚した。
青果や鮮魚を扱う棟の下には不可解な空間がぽっかりと。

建物全体の下に盛り土を求めた専門家会議の提言を無視し、議会でものらりくらりと答弁を重ねた。
気取られぬよう都の幹部連中は能面でもかぶっていたか。
「日本の台所」の不協和音が広がれば、食の屋台骨も揺らぐ。

能の筋書きなら「序破急」と三つの展開を踏む。
序盤は笛と足踏みを含んだ舞から。
次第に熱を高めて革新へと近づく。
混迷する都政の舞台に躍り出た新知事は、どこまで謎を掘り下げられるだろう。




スポンサードリンク



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。