So-net無料ブログ作成

広島東洋カープ、25年ぶり悲願のリーグ優勝 [スポーツ]

カープ優勝.png

緒方孝市監督の体が宙に舞う。
2回、3回・・・。
左半分が赤く染まった東京ドームが沸いている。
本拠地広島での胴上げは次のステージにお預けとなりそうだが、帰ってきた。
われらの強いカープが返ってきた。

昨季までとは見違えるほどのチームに変わった。
優勝へのマジックは足踏みせず、鬼神も恐れをなすほどの快進撃ぶりだった。
神懸かりとはこのことか。
一体全体、何がおきたのだろう。

水を得た若ゴイの勢いに目を見張る。
サヨナラ弾の連発で代名詞「神ってる」を授かった鈴木誠也選手は、有頂天になるどころか練習の虫そのもの。
脈打つカープ野球の伝統に目を細めたファンも多いはずだ。

見習うべき「鑑(かがみ)」がそばにいたせいもあろう。
黒田博樹投手と新井貴浩選手である。
口を開けば「チームのため」「ファンのため」と、投打の大黒柱は一球、一打席をおろそかにしない。

カープの黄金時代を支えた衣笠祥雄さんが半生記「野球の神様がいた球場」にかいている。
ファンと選手と監督が力を合わせ、長年にわたり苦難を乗り切ってきたからこそ市民球場も球団も愛されたのだ・・・と。
たまりにたまった25年分の憂さを吹き払う優勝で、絆は一段と強まった。




スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。