So-net無料ブログ作成

喫煙に甘い日本、東京五輪をにらみ「たばこ白書」は提言する [世相雑感]

たばこ白書.png

じゃましないで欲しいな、わずかなやすらぎを・・・。
気だるい声とメロディーは、立ち上がってくる紫煙のよう。
広島市生まれの歌手奥田民生さんは「たばこのみ」と題した曲で愛煙家の気持ちを歌う。

趣味と嗜好は人それぞれ。
吸う人もそれなりに健康を気にしながらマナーを守り、たしなんでいるはずだ。
それでも年を追うごとに肩身は狭くなってきた。
15年ぶりに改訂された「たばこ白書」が追い打ちをかけそう。

白書は記す。
他人のたばこの煙を吸って病気になり、亡くなる人は年間1万5千人。
いわゆる受動喫煙が肺がんや脳卒中、小児ぜんそくを引き起こすリスクを最も高い「レベル1」とした。
煙たがれても無理はない。

世界保健機関から、受動喫煙を防ぐ日本の対策は最低レベルとされた。
4年後の東京五輪に向けたイメージ回復のためか、白書はうたう。
病院や学校、レストランなど公の場所では分煙でなく「100%禁煙を」と。

たばこのみには白書というより煙たい「黒書」かもしれないが、害とリスクを考えれば、むべなるかな。
じゃまはしないから、周りに配慮して欲しいな・・・。
吸う人と吸わない人が、安心して共生できる世の中でありたい。




スポンサードリンク



nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。