So-net無料ブログ作成

「たいまつ」発刊反戦訴え続けた、むらのたけじさん亡くなる [訃報]

むらのたけじ.jpg

小新聞「たいまつ」を始めて16年過ぎた。
なぜか地元の有力者が祝賀会を開いてくれるという。
宴たけなわで真意をただすと、「たいまつはおらだちの敵だ。だからつぶすわけにはいかぬ」という。
きのう訃報を聞いた、むらのたけじさんの著書「99歳一日一言」から。

戦争に加担したことを悔いて敗戦と同時に大新聞を辞め、郷里秋田で権力批判の論陣を張る。
保守の人たちとは水と油だ。
祝賀会には思惑もあっただろうが、ともかく彼らには「敵に学ぶ」度量があったと受け止めた。

そんな昔語りを通じて、晩年は憎しみが憎しみを呼ぶ世界の悲劇を憂えた。
いや、人ごとではない。
ヘイトスピーチに現れる、この国の危うい風潮も。

学生時代、作文に「半信半疑」という語を訳して用い、スペイン人講師に叱られる。
「半分信じる」なんて、ありえない・・・。
以来、その言葉にも似て日本は「あやふやな国」に見られている、という思いが強くあった。


だから憲法9条に魂を入れよ、と説いた。
現実は立派な条文と裏腹じゃないか、と。
「一日一言」に「強風でも散らぬ葉がある。無風でも散る葉がある」と記す。
ことの行く末を風のせいにするな・・・という遺言と聞く。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!



スポンサードリンク



nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。