So-net無料ブログ作成

根気と忍耐の猛獣調教に、子育ての原点を見る愛情動作 [世相雑感]

ライオン使い.png

子供たちの夏休みもそろそろ終盤へ。
宿題の残りも気になるだろうに、まだまだ遊び足りないのかもしれない。
広島西飛行場跡地に立つ赤テントの前には連日、家族連れの長い行列が延びる。

5年ぶりの木下大サーカス広島公演に家族で足を運んだ。
ふわりと舞う空中ブランコに息をのみ、ピエロのおかしな振る舞いに笑いながら、子供たちがぐっと身を乗り出す瞬間がある。
視線の先にはライオン8頭。

百獣の王がおなかを見せ、ごろんと転がる。
前足を上げて、愛らしい決めポーズ。
小さな子もうれしそうに大きな拍手を送る。
もちろん調教する英国出身のマイケル・ハウズさんにも。
すごいなあと尊敬を込めて。

祖父からの猛獣使い3代目のマイケルさん。
幼い頃、父がライオンに襲われて亡くなった。
それでも、ずっとそばにいたライオンは憎めなかったという。
心を通わせるこつは、「子育てと一緒」。
根気と忍耐を持ち、愛情たっぷりに接することだそうだ。

舞台でも時々、ライオンの背中をなでる。
そのしぐさから温かさが伝わってくる。
危険と隣り合わせのショーを支えているのはきっと、積み重ねてきた互いの信頼なのだろう。
まるで家族のように。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!



スポンサードリンク



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。