So-net無料ブログ作成

主を守ろうとした動きが主を失う悲劇に、弱者と共生社会の実現へ [世相雑感]

盲導犬.jpg

出張先の岡山駅前で、白杖をついてエスカレーターへと向かう人を見かけた。
点字ブロックを外れており声を掛けた。
手を取り、並んで乗り降りした。
感謝されはしたが、適切な誘導だったか、自信はない。

目の不自由な人にとって、往来の激しい駅などは不安を感じる場所に違いない。
そんな折、的確な動きを心得た盲導犬は、頼りがいがあることだろう。
街を一緒に歩く姿と出会うことも多い。
だが悲痛な事故が起きた。

東京の地下鉄駅で盲導犬を連れた男性会社員がホームから落ち、電車にはねられて亡くなった。
転落場所の5㍍ほど先には柱が立っていた。
主がぶつかっては大変と、狭まったホームを線路側へと避けた可能性もある。

寄り添っていた盲導犬ワッフル号は転落せず助かった。
とはいえ主が突然いなくなって不安を覚え、消沈してはいないか。
人に関心を寄せず、先を急ぐ人の多い都会。
残された犬の瞳には一体、どう映っているのだろう。

聴導犬、介助犬ともに法律で認められた存在なのに、飲食店などから入店を断られるケースも絶えない。
助けが要る人を支えよう、訓練されたパートナー。
共生への私たちこそ温かなまなざしを備えなくては。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!




スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。