So-net無料ブログ作成

今日は71年目の終戦記念日、遺族には慟哭の夏の一日となる [世相雑感]

終戦記念日.png

正座して、白木の箱をそっと開ける。
中には、名前の書かれた紙切れが1枚だけ。
戦没者遺族の悲しみを身内から聞いたことがある。
無謀な戦争に駆り出され、遺骨さえ返してもらえないとは。

南方ニューギニア戦線に向かう途中、乗っていた船が撃沈sれたという。
冷たく暗い海の底で、今も眠っているのだろう。
大戦末期には、こうした「軽き箱」が無数に届けられた。
わが身の周りだけでなく、他でも耳にした。

遺髪や爪ならまだしも戦地の砂や石、仮の位牌の入った箱を受け取った人もいたという。
71年たっても心の奥底で「戦後」を迎えられないでいる。
古里で安らかに眠らせてあげたい・・・。
誰しもが抱く率直な願いだろう。

今春、国の責務として遺骨を収集する法律がようやく施行された。
戦地に取り残されたままの骨は113万人分にも上る。
相手の国の協力を取り付けて発掘し、DNA鑑定にかける。
遺族の老いも考えれば一刻も早く。

今日は終戦の日である。
戦前から戦後の世相を映す短歌を集めた「昭和万葉集」から一首引く。
箱一つ還りきたりて亡き人を思えとならしその軽き箱(山本道子)。
このような悲しい歌が、もう二度と詠まれないように。


◎ブログランキングに参加しています。

◎クリック応援よろしくお願いします!




スポンサードリンク



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。