So-net無料ブログ作成

天皇陛下生前退位に強い思いを表明 高齢化象徴の勤め難しくなる [世相雑感]

天皇陛下.png

大型家電量販店にはすべての地上波えを映すテレビが並ぶ。
午後3時、大半が同じ映像に切り替わった光景が、事の重さを物語っていよう。
天皇陛下が国民に語り掛けた11分のビデオメッセージである。

「生前退位」の意向が報じられる中、いつにも増してかみしめるように継がれる言葉。
憲法が定める「象徴天皇」の重みを強調し、素直に自らの老いに触れられた。
国事行為への滞りへの強い懸念がひしひしと伝わった。

在位28年で大切にしてきたのは国民の安寧と幸せを祈ること。
「人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました」とのお言葉に東北や熊本など被災地で膝をつく姿を思い浮かべ、うなずいた人も多いはず。

「忠恕(ちゅうじょ)」という言葉がある。
即位の前、50歳の時の会見で好きな言葉に挙げられた。
良心に忠実で、人の心を自分のことのように思いやる精神だと・・・。
戦後まもなく出会った論語の一節を深く胸に刻んできたのだろう。

蝉時雨と重なる天皇陛下のお言葉。
71年前、終戦を告げた昭和天皇の「玉音放送」を思い出した人もいよう。
あれから確かに日本は生まれ変わった。
深い深い語り掛けに、どう答えたらいいのだろう。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

日々の出来事 ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。