So-net無料ブログ作成

昼間は甲子園、夜はリオ、魔物の潜むステージから目が離せない [スポーツ]

リオ.png

五輪の日本選手団にとって出だしの良しあしはことの外、大事らしい。
勢いが短期決戦を左右するのだろう。
メダル獲得で波に乗る競泳や柔道に比べ、黒星発進の目立つチーム競技の行方はいささか気になる。

「まさか」も起きた。
体操男子の予選で世界王者の内村航平選手が鉄棒で落ちた。
「2回落ちても優勝」と評された個人総合の優位は揺らぐまい。
ただ、3大会ぶりの奪還を狙う団体総合金メダルに黄信号がともった。

大会前の内村選手のこぼれ話を思い出す。
現地合宿中にスマホ向けゲーム「ポケモンGO」で遊び、通信設定の不手際で50万もの課金に慌てたという。
ポケモン集めのつもりが、五輪にすむ魔物まで呼び込んだのか。

「勝ったものが強いのだ」。
チーム競技のサッカー界では、そんな教訓がよく知られている。
人事を尽くしても、時の運はある。
強者が勝つとは限らない、との苦い経験則でもあるだろう。

雨降って地固まる、というたとえもある。
金1個、銅4個を早々とものにした個人競技の流れを「チーム日本」の勢いに変えたい。
折しも、夏の全国高校選手権が始まった。
昼間は甲子園、夜はリオ。
魔物が済む舞台から目が離せない。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

日々の出来事 ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。