So-net無料ブログ作成

広島きょう原爆の日、全国から祈りの折鶴1300万羽超え [世相雑感]

折り鶴.jpg

庄原市の西城小学校で、児童会が「おりづる教室」を始めたという。
地元紙ヤングスポット欄に今週、6年生が綴っていた。
教える方も教わる方も、笑みがこぼれるのがうれしい、と。
そう感じ取れる心映えがまたうれしい。

折鶴に命を吹き込む原爆忌(平岡しづこ)。
広島の平和記念公園に持ち込まれる折鶴が一昨年、昨年と1300万羽を超えた。
手作りの4羽を携え、広島を訪れたオバマ大統領の逸話が知られたことしは、さて。

注文の品が焼けるまで、鶴でも折りませんか・・・。
そう呼びかけ、色紙を置くお好み焼きの店が広島都市圏に20軒ほどある。
市民グループ「待っとる間に鶴祈る会・ヒロシマ」が始めた運動はこの夏で、はや20年に成る。

ジューと音が上がり、香ばしい匂いが立ち込める鉄板を横目に、真四角な紙を三角にしたり、ひし形にしたり。
何分間か、一心に指を動かす。
どこか、禅僧が心のちりを不断に洗い落とそうとするたしなみを思わせる。

どの日にも増してきょう、千羽鶴の束が手向けられよう。
「原爆の子の像」に、原爆ドームに。
INORU(祈る)の中にORU(折る)の3文字がある通り、心込めた折り鶴は祈りの場にふさわい。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

日々の出来事 ブログランキングへ





スポンサードリンク



nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。