So-net無料ブログ作成

筋肉鎧の名横綱千代の富士、ウルフの称号とともに伝説に [訃報]

ウルフ.jpg

「おまえ、三段目か」。
ちゃんこ料理店主の問いに、少年は「いや、幕下です」。
店主は内心驚いた。
見たところ体重は80㌔そこそこの身体で幕下とは。
見下されたのに嫌な顔一つ見せない。
「こいつ、ガッツがあるぞ」。
石井代蔵さんの評伝「千代の富士一代」から。

かつては目だけ、ぎょろつかせたオオカミだった。
小さな体で大きな相手をつり上げようとして、何度も肩を脱臼する。
ならば筋肉というよろいを強くすればいい・・・。
常識を超えた筋トレに努めてウルフに。
61歳で伝説の人になるとは、早すぎる。

父の秋元松夫さんは北海道のコンブ漁師。
陸軍船舶司令部の一兵卒として広島で被爆した。
息子の横砂昇進を機にそれを明かした。

力士の息子がよくけがをするのは原爆のせいではないか。
自分を責めたという。
迷惑が掛かってはいけないと、口を閉ざしても来た。
賜杯とまな娘を両手に抱いて写真に納まる横綱。
小さな漁村に残した父たちへの思いの証だったかもしれない。

評伝によると、けが続きの頃は人呼んで「だめの富士」。
辞めようとしたが、親に恥をかかせまいと思い直す。
今はもう、いつでも北の空に帰れる・・・。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

日々の出来事 ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。