So-net無料ブログ作成

新都知事は小池さん一人勝ち、女性初 都政の闇に切り込むか [世相雑感]

小池百合子都知事.jpg

家康と家臣団は白装束をまとった。
関白秀吉に国替えを命じられ、旧暦の8月1日、江戸の足を踏み入れた。
辺境の地を一から興す決意を家康は装いから示した。

利根川の治水に手を付け、小判を鋳造し、立派な天守閣も築いた。
純白のキャンパスに絵を描くような家康の治世は、優れた官僚や市井の職人に支えられた。
気鋭の門井慶喜さんの時代小説「家康、江戸を建てる」は、都市形成の観点から読ませる。

こちらは手腕を発揮できるか。
東京都知事に小池百合子氏が選ばれた。
「政治とカネ」の問題で2代続けて先輩が途中で辞任した。
五輪を開く日本の首都のイメージの挽回も急務だ。

緑の鉢巻きを締めたのは環境相時代に広めたクールビズのアピールという。
功を奏したか、政党色抜きでも与党推薦のライバルを寄せ付けなかった。
ただ一極集中の是正には踏み込まずじまい。
まさか首都だけをばら色に輝かせるわけではなかろう。

領民にいい印象を持ってもらいたい。
家康の白装束は巧みなイメージ戦略だったとの説も。
当選の弁で「見たこともない都政を」と小池氏は胸を張ったが、堅実な行政を望む都民をよそに気負いすぎ、周囲を真っ青にさせぬように。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

日々の出来事 ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。