So-net無料ブログ作成

独自文化で開花する、日本流アレンジのハロウィーン [世相雑感]

スポンサードリンク




ハロウィーン.png

秋の味覚の一つにカボチャがある。
炊いてもスープにしても、身が温まる。
米足らずで粥に切りこむ南瓜かな(森鴎外)。
字の通りカンボジアから南蛮渡来した瓜とされ、「かんぼぢゃ」が転じて名がついたともいう。

くりぬいたカボチャに火をともす風習は、古代ケルトの祭りが移り変わってきたらしい。
もとの収穫祭から転じ、日本では今や仮装大会のよう。
東京のイベントには小池百合子知事が「リボンの騎士」に扮して現れた。

衣装はもちろん、どんちゃん騒ぎのパーティーに金をかける。
市場規模はバレンタインデーを超えたという。
風物詩と認められたか、新しい歳時記を操ると項目に登場していた。
面取ればただの男よハロウィーン(あべふみ江)

子ども主役の本場米国に比べ、日本では幅広い世代が楽しむお祭りになったといえる。
コスプレの勇気がなくて言うわけではないが年々、羽目を外す度合いが増すように映る。
眉をひそめる向きがあるかもしれない。

人はなぜ仮装したがるか。
識者の見方が本紙に載っていた。
職場や家庭で抱く息苦しさから、非日常への「変身願望」が募ったというものだ。
カボチャが馬車に変わる物語のように、であろうか。



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。