So-net無料ブログ作成

プロ中のプロのプロ根性、超えたものだけが異次元を見る [スポーツ]

スポンサードリンク




倉捕手.jpg

カキーン、パシッ。
球場に響く音がファンを熱くする。
野球選手にとっても大事な要素らしい。
きのうのカープ。
試合は小雨ぱらつくなかで始まったが、キャッチャーミットはいい音を立てていた。

先発は黒田博樹投手で、倉義和捕手が受ける。
先頭打者に対してだけだったが、9年ぶりに復活したバッテリーである。
だが歴戦の投手も胸いっぱいで目が潤んだか。
ミットを構えたところへと球は行かず、四球を与えた。

倉捕手には黒田投手を激怒させた伝説がある。
11年前の日南キャンプ。
早く重い球を受け止めても、ミットが鳴らない。
鈍い捕球音では投手は乗れないという。
やがて黒田投手は投げるのをやめ、引き揚げてしまった。

自分の未熟さ、甘さに捕手は涙し、マシン相手に1人、捕球練習を繰り返した。
努力は実り「黒田専属」としてメジャー移籍まで女房役を務める。
パシーンと、痛快な音を響かせて。
「あの時、プロとしての心構えを教わり、19年間プレーできた」

この日は、やはり今季でユニフォームを脱ぐ広瀬純選手の出場にもファンの期待が集まった。
バットの快音を聞きたくて。
ところが水を差されてゲームは流れた。
別れを惜しむ涙雨だったろうか。


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。