So-net無料ブログ作成

クマの餌さで人里を荒らされるか、焼酎にして人間の楽しみにするか [世相雑感]

スポンサードリンク




クマ.jpg

台風被害の相次ぐ東北地方には、さらなる追い打ちだろう。
クマの餌となるブナの実が熟さぬまま落ちてしまった。
森林管理局によると、今年のなり具合は元々、「凶作」か、それ以下との見立てだった。
飢えたクマの足取りが気遣われる。

奥山でドングリ類が実らず、栗などのなり物が人里近くで豊作ならば、クマは下りてくる。
統計上もブナが凶作の年には、里に現れて捕まえられる頭数が増える。
果物や畑の作物も危うい。

中国山地のクマは、どうだろう。
島根県では目撃や捕獲の件数がこの10年で最多らしい。
岩国市内もことしは急増。
獣からして、人と住み分ける境が判然としなくなったのも要因と識者は言う。

この春、クマ出没に慌てた三原市久井町で耳寄りな話を聞いた。
弘法大師ゆかりの伝説が残る山の柴栗に目を付け、焼酎にしようとまちおこしグループが集めて回ると、農家に喜ばれたという。
散らばった栗を餌にするイノシシに弱っていたそうだ。

同じ野生のクマを寄せ付けぬ効果もあろう。
獣害対策にもなる、一石二鳥の焼酎造りとはなかなか乙なもの。
醸し、町内の商店にだけ置いた約800本は完売間近という。
この秋も栗拾いに忙しいらしい。


タグ:クマ 栗焼酎
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。