So-net無料ブログ作成

人間は食物連鎖の頂点で、命を頂き生きることに感謝を [世相雑感]

スポンサードリンク




食物連鎖.png

マツタケが店頭に並んでいる。
少し安値の輸入物もあって、手を伸ばしかけたが、引っ込めた。
とはいえこの国に暮らすものとしては、旬の味が恋しくもある。
品薄との報も聞くが、手の届く秋はサンマあらりか。

2万円ももの昔、ご先祖様は旬をよく心得ていた。
沖縄県の洞窟から食料としたシカなどの動物に交じり、魚の骨が発掘された。
モクズガニの爪も1万点。
大きさからみて、みそや身が詰まる秋に舌鼓を打ったようだ。

注目の遺跡が見つかった。
世界最古と見られる釣り針。
巻貝を割って三日月型にし、加工してある。
叮嚀に石で磨き、工夫やこだわりがうかがえる。
たくさん釣果のあがる、お気に入りの道具だったのかもしれない。

オオウナギや刺身のうまい魚イラブチャーの骨も出た。
毒を持つアオブダイという種類もいるが、上手にさばいたのだろう。
資源の乏しい島で得た貴重な食料なのだから。
岩陰の食卓で待つ家族も喜んだに違いない。

長い時がたった。
豊かだった海から今、魚が減っている。
旧石器時代の太公望の、子孫による乱獲が一因である。
乱開発や汚染も進んでいる。
遠い日、青い海に糸を垂れていた、日焼けした背は何と言うだろう。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。