So-net無料ブログ作成

障害者なんていなくなればいい、と考える心の闇の不気味 [事件事故]

スポンサードリンク




相模原事件.png

子供の読書感想文の課題図書に、大人にも読まれている本がある。
世界で300万部のベストセラーとなった「ワンダー」。
主人公の男の子、オーガストは10歳。
顔に重い障害があり「きみがどう想像したって、きっとそれよりひどい」と語る。

彼が初めて学校に通う1年を、物語は描く。
じろじろ見られ、避けられ、変なあだ名も付けられるが、少しずつ友情の輪が広がっていく。
もちろん彼の顔は変わらない。
変わったのは、周りの子供たちの受け止めだ。

同じ風景でも、その人の価値観によって見え方は変わる。
相模原市障害者施設で19人が殺害された事件から、あすで1ヶ月になる。
容疑者が「障害者なんていなくなればいい」となぜ考えたのか、いまだ闇の中にある。

その暴論に、全国の障害者や家族から抗議の声がやまない。
危機感さえ伝わってくる。
私たちの社会が効率や生産性を追うあまり、強者優先の風潮がはびこっているとすれば、恐ろしい。

物語の終わりに、オーガストはつぶやく。
「ぼくにとって、ぼくはただのぼく。ふつうの子供」。
誰かを普通じゃないと決めつけていないか。
課題を突き付けられているのは大人を含めた社会の側だ。



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。