So-net無料ブログ作成

熊本復興にタモリさん貢献、さすがの人気番組「ブラタモリ」 [世相雑感]

スポンサードリンク




ブラタモリ.jpg

熊本の知人いわく「ブラタモリは宝物です」。
タモリさんが街歩きし、地質や歴史を探るNHKの番組。
地震の前に2回続きで熊本編が流れた。
お城の謎、そして街を潤す地下水を追って。
被災前の映像は確かに貴重だろう。

希代の人気者が足を運んだ熊本市の水前寺公園を訪ねた。
番組中では澄んだ湧水を満々とたたえていた大名園の池。
地震後に干上がったが、今は8割の水位に戻ったらしい。
猛暑のオアシスの役目は果たしていた。

火の国は水の国でもある。
飲水は阿蘇山からの豊富な地下水脈で賄う。
だが象徴ともいえる水前寺の異変に加え、水道の水も一時的に濁りが出たという。
メカニズムが分からないまま。

常識外れの熊本地震は国際研究が幾つも始まっている。
熊本大と米国の大学による地下水調査もその一つである。
地元が誇りとする清らかな水が無事かどうか。
結果を復興に生かしたい。

熊本生まれの水前寺清子さんの名も、かの庭園が由来だ。
「三百六十五歩のマーチ」で歌う。
幸せの隣にいても分からない日もある、と。
干上がりを機に、池の手入れのボランティアも緒に就いた。
あって当たり前だった「宝物」を守る地道な一歩に違いない。


◎ブログランキングに参加しています。

◎クリック応援よろしくお願いします!


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。