So-net無料ブログ作成

「天気予報は平和のシンボル」気象台も住人も痛切に実感 [世相雑感]

スポンサードリンク




 天気図.png

新聞に初めて天気図が載ったのは、92年前のきょうだ。
首都の新聞の一つが先駆けで、徐々に各地に広がる。
災害への備えはもとより、外出や農作業の計画を立てるのに重宝されたからだろう。

その天気図が紙面から消えた時代があった。
真珠湾攻撃と同時に軍が気象台に情報管制を敷いたからだ。
晴天を敵に知らされると空襲されると危ぶんだのか。
3年8か月に及ぶ「空白」のあおりを食ったのが住民である。

開戦翌年の8月、周防灘台風が山口県を直撃する。
死者・不明者は800人近くに及んだ。
「警報不徹底による被害」との分析が中央気象台の文章に残る。
早く暴風雨の情報を知らせていたら、救えた命もあったろうに。

今は温暖化によるゲリラ豪雨急増などで、空模様の変化が気になる時代である。
2年前の広島土砂災害も思い出す。
天気予報にしっかり耳を傾けて異変の兆候はないか、万一の際はどう避難するか考えておきたい。
8・20の光景を胸に刻みながら。

戦後の気象台員は「天気予報は平和のシンボル」と肌身に感じ、風水害と向き合って精度を高めてきたはずだ。
台風シーズンが近づく。
油断という「空白」が広がらぬよう発信力を強めてほしい。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。