So-net無料ブログ作成

長崎原爆の日、平和宣言で核廃絶に「英知結集」訴える [世相雑感]

スポンサードリンク




長崎原爆の日.jpg

被爆間もない長崎。
その小学校に赴任した教師に児童が問うた。
「先生のお父さんとお母さん、生きてる?」うなずくと「よかねえ」と歓声が上がる。
多くが原爆孤児だと悟って、涙で授業が続けられない。

「原子雲の下に生きて」の胸詰まるシーンである。
爆心地から700㍍、実に8割以上が亡くなった山里国民学校で生き残った子供たちの証言集。
深い傷を負い、貧しさと病の苦しみを強いられたさまが伝わってくる。

「戦争しないぞ!」「昔に返して・・ああ、お母さんがほしい」。
子供たちの涙まじりの訴えは、平和学習を続ける現在の山里小の後輩に受け継がれているに違いない。
そして長崎の全ての子供に。

ただ忍び寄る風化を恐れてのことか、きのう長崎市長は平和宣言で体験継承の大切さを訴えた。
「未来のために、過去に向き合う一歩を踏み出してみませんか」と若い世代に呼びかけた。

行動に踏み出した若者もいる。
核兵器禁止を目指し、ネット上で国際署名を集める日本被団協の運動の先頭に長崎被爆3世、林田光弘さんが立つ。
「若い力で世界をつなぐ」と。
語り継ぎ、受け継ぐ。
風化にあらがう若者のリレーがもっと広がってほしい。


◎ブログランキングに参加しています。
◎クリック応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

日々の出来事 ブログランキングへ

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。