So-net無料ブログ作成

「焼け跡闇市派」野坂昭如さん逝く、無頼を気取った多彩な人だった [訃報]

スポンサードリンク




野坂昭如.jpg

空襲で焼け出された兄妹は励ましあい、生きようとした。
だがひもじさの中で相次ぎ息絶える。
「火垂るの墓」はアニメも不朽の名作となった。
だが作家の体験は少し異なる。
妹は飢えで死んでしまうが、自分は生き延びた。

神戸の空襲が「焼け跡闇市派」野坂昭如さんの原点という。
何とか手に入れた食べ物を、1歳の妹の分まで口にした。
己の生への執着を知る。
「戦争童話集」など作品に弱者の悲しみをつづるのは、胸のつかえからか。

作詞に歌手まで多彩な顔を見せた。
無頼を気どり、型破りな言動で世を騒がせもしたが、心の中にはいつも焼け跡が広がっていたに違いない。
二度と飢えた子供の顔を見たくない・・・。
そう訴えて参院選挙にも立った。

脳梗塞を患っても口述筆記で気を吐く。
死を目前に、永六輔さんのラジオ番組にこう寄せた。
物騒な世の中になったとして「平和とやらを守るという名目で、軍事国家、つまり戦争する事にだってなりかねない」。

この夏に新装なった戦争童話集のあとがきでも警告していた。
「戦争は、気が付いた時には、すでに始まっているものだ」と。
それを肌で知る人の旅立ちが、このところ相次ぐ。
心細くてならない。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。