So-net無料ブログ作成

広島カープの顔マエケン大リーグへ、夢にチャレンジ!! [スポーツ]

スポンサードリンク




マエケン.png

地方紙中国の見出しに、その愛称が初登場したのはプロ2年目のシーズン終盤にさかのぼる。
「マエケン初完封」。
前田健太投手が広島入りした後、いつしかチーム内で口に上がっていたという。

それから7年。
マウンドでのうなぎ上りの実績に比例して全国区になっていく。
本人も言うように子供から大人まで呼びやすいこともあろう。
登板前に肩周りの筋肉をほぐす「マエケン体操」もすっかりおなじみに。

コージやヨシヒコが広島市民球場の代名詞というなら、マエケンは「マツダスタジアム」とともに記憶されよう。
きのう米大リーグ挑戦を球団が認めた。
まずオファーを待つ身だが、海の向こうの視線は熱い。

世界の舞台では「マエダックス」と言われたこともある。
米野球殿堂入りしたグレグ・マダックス氏になぞらえたらしい。
精密機械という異名を取った右腕。
絶妙なコントロールで、相通じるところがあるからだろう。

小学時代の文集に「PL学園からドラフト1位でプロに行って5億稼ぐ。そしてでっかい家に住む」と書いた。
その夢を超えて階段を上る。
寂しいが背中を押したい。
米国に行っても「マエケン」と呼ばれ続けてほしい。
あの頃の初心を忘れないためにも。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。