So-net無料ブログ作成

鳥取県知事の名言「スタバはないけどスナバはある」中国路の迷言「スタバはないけどジバ(地場)はある」 [アイデア・雑学]

スポンサードリンク




スタバ.jpg

今のエチオピアのこと。
赤い実を食べたヤギが興奮して走り回ったそうだ。
それを見たヤギ飼いの少年カルディも・・・。
人間とコーヒーが出会う一説として有名な「カルディの伝説」である。

カルディと同じく、人はこの実に魅了されてきた。
今はサードウエーブコーヒー。
豆の産地や品種、農園、入れ方にまでこだわるらしい。
ことし流行語大賞にノミネートされた第3の波は地方にも押し寄せているのか。

周南の街を歩いた。
昔ながらの準喫茶から今風のカフェまで。
コーヒー党にはたまらない土地だろう。
何より豆を扱う地場の業者が根付く。
広島の老舗も出先を構え、豆の種類だけでなく焙煎の技を選ぶのも楽しい。
自宅でのたしなみも見つかろう。

「スタバはないけど日本一のスナバがある」。
流行語とはいかぬまでも鳥取県知事の名言は話題をさらった。
そのスターバックス空白県はことし解消されたが、もとより中国路には魅力的なコーヒーの街は多いという。

周南にもスタバができれば確かに選択肢は増えよう。
ただ「スタバはないけどジバ(地場)はある」。
絶えず打ち寄せてくるコーヒーのトレンド。
実はずっと前から足元でもしっかり波打っている。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。