So-net無料ブログ作成
芸能・ゴシップ ブログトップ

映画の聖地に世界のミフネ、殿堂入り記念プレート設置される [芸能・ゴシップ]

世界のミフネ.jpg

<男は黙ってサッポロビール>。
そう言って、ジョッキを空ける中高年を今も見掛ける。
三船敏郎が四十数年前に出たCMである。
喜怒哀楽を腹に落とし込む武骨な日本人を銀幕でも演じきった。

「用心棒」「七人の侍」などの名作は米ハリウッドにも影響を与えたようだ。
映画の聖地にある、人呼んで「名声の歩道」に世界のミフネの殿堂入りを祝うプレートが置かれた。
没後19年、2594番目の栄誉は、功績からすれば遅すぎたぐらいだ。

若き日に戦地で空撮に携わった。
何百枚のカットをつなぎ合わせ、「細かい作業に神経が走る」ようになったという。
殺陣では実践さながらに二の太刀を浴びせるなどリアリティーを求めた。

斬られりゃ痛えぞー。「用心棒」で演じた無類の刺客の名せりふだ。
迫真ぶりに加え、ユーモアと同居する人情味が本場でも受け入れられたのだろう。
外国版リメークの西部劇のヒットも殿堂入りを後押ししたはずだ。

同じ歩道にはテレビ司会者時代の人気から、あの次期大統領のプレートもあった。
先月、心ない反対派に砕かれたらしい。
頼もしい用心棒どころか「トランプ砦の悪人」を出さぬよう。
砦でくすぶる内紛の火種が気になる。




スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

SMAP解散の危機回避、日本人若者の柔軟性と一体感に安堵する [芸能・ゴシップ]

SMAP生出演.jpg

「何があっても前を見て進みたい」という宣言にほっとした。
SMAPの5人が民法放送に生出演して騒動を口々にわびた。
列島寒波の夜、解散回避の報はファンの心を温めたに違いない。

イラク戦争で揺れた2003年の「紅白」を思い出す。
やはり緊張の面持ちで、大トリの5人は言葉を順に口にした。
ことし多くの命が失われたこと。
みんなが全ての人に優しくなれたら、幸せな未来が来ると信じること・・・。
続く熱唱が胸に響いた。

そう、あの「世界に一つだけの花」である。
ナンバーワンよりオンリーワンと語りかける歌こそ、結成以来の危機を救ったのかもしれない。
CDを再び買い、歌い続けてと願う運動が絡み合ったあつれきを解いた面も。

「SMAP存続」はアジアにビッグニュースとして速報され、安堵の声が広がったらしい。
何かと角突き合わせる国同士とは別に、若い世代の心が一つになっている証だと受け止めたい。
歌の持つ力の大きさを思う。

覆水盆に返ったとはいえ、信頼回復への試練も待ち受ける。
教科書にも載る、かの名曲は既に中国語バージョンがある。
世界に向けた各国語で歌ったらどうだろう。
争いと不信が再び広がる時代だけに。


スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

DAIGO結婚会見と同時進行の国会答弁、どちらも元総理の孫 [芸能・ゴシップ]

DAIGO.jpg

約30年前の国会は消費税導入の是非で大もめにもめる。
懐の寂しい人ほど荷が重い点について、時の首相はこう答える。
「重税感というものをだんだんお互いの心の中で行きつ戻りつ反問してみますと、結局税というものは国民の義務として存在して居る。さようしからば・・・・・」。

すでに「言語明瞭、意味不明」が代名詞となっていた亡き竹下登さんである。
話がいつしか脇道にそれ、論点がはぐれる。
しっぽをつかまれぬことを旨とする国会答弁のひな型になった。

その人の孫が芸能界に進み、しゃべり口調でも別の道を行く。
ロック歌手のDAIGOさんは「DAI語」と呼ばれる略語を連発する。
大好物は「D(大)K(好)B(物)」、興味津々なら「KMSS」。
一世一代の求婚もKSK(結婚してください)で通したと話題になった。

怒り顔人柄が手伝ってか、珍語乱発もどこか憎めない。
近刊の「DAI語辞典」でも、JNK(じっちゃんの名に賭けて)と引き合いに出し、祖父への敬意がほの見える。

きのう民法の番組がDAIGOさんの結婚を祝う中、NHKは国会中継にいそしんだ。
くしくもSRDJ(総理大臣)の孫が双方の主役である。



スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

NHK大河ドラマ「真田丸」好スタートの兆し [芸能・ゴシップ]

真田丸.png
伝承は時に眉唾だが、「真田紐(ひも)」はさもありなんと思わせる。
関が原に敗れ幽閉中の真田幸村が暮らしを支えたものだ、と。
縦糸と横糸を格子状に織り、細いが丈夫な品は江戸の世に流行する。

さしずめ「真田ブランド」だろう。
大阪の陣の逆境で覇者家康を追い詰めた戦いぶりと紐の強さが重なったに違いない。
実は産地の一つが倉敷市児島という。
のちの繊維産業の礎になったと幸村をたたえる被まである。

敗者の伝説がこうも広がったのは徳川一強時代の判官びいきか。
忍者や豪傑が集う真田十勇士も創作とはいえ日本人の記憶では史実と一体といえる。
その中で大河ドラマ「真田丸」が描くのは「リアル幸村」のようだ。
真田幸村.jpg
おなじみの幸村という名ではなく「信繁」。
若き日に戦場を駆ける冒頭シーンも確かに真に迫る。
細部にこだわりつつ、サバイバルの世を骨太に描く歴史絵巻に期待したい。
逆境を生き抜く元気を現代に届けられるか。

「大河」人気は低迷気味で、時に凝りすぎの感もあった。
肩の力を抜きたいお茶の間の空気もお忘れなく。
場合によっては猿飛佐助や雲隠才蔵のサプライズ登場がありかどうか。
伝説の世界のわくわく感も捨てたものではない。


スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昭和の伝説最終章、原節子さん命の終焉 [芸能・ゴシップ]

東京物語尾道ロケ.png

尾道に残る伝説の一つである。
その日、駅の入場券が空前の3千枚も売れたという。
あの原節子さんを一目見たいと・・・。
終戦から8年後、小津安二郎監督が「東京物語」を撮るロケ地だ。
さすがに危ないと、一つ手前の駅で降りたそうだが。

その大女優が世を去った。
映画という舞台から降りて半世紀、昭和の時代が本当に終わったのだろう。
戦争を挟む出演作は100本あまり。
凜としたまなざしの力強さは伝説にふさわしい。

花咲かせたのは古き良きキネマ界の眼力に違いない。
無名の少女を「この娘のためなら命を捨ててもいいと思う女優」と抜擢したのは若き天才山中貞雄監督。
戦後、日本人の記憶に残る才能を引き出したのが小津監督だった。

特に忘れがたいのが「東京物語」のクライマックスだ。
尾道の地で戦死した夫の父に再婚を促され、感極まる。
文芸評論家の末延芳晴さんによれば「映画史上空前絶後」の号泣の演技であり、女優原節子の頂点だという。

自らの作品にはいつも謙虚で、引退前の対談で「映画館にお金を出して入ってくださる方に気の毒」とまで語っていた。
身を隠すように暮らした晩年であった。
その半生と映画界の栄枯盛衰に、どんなまなざしを注いでいたのだろうか。


スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ラブラブの藤原紀香&片岡愛之助、アツアツの沖縄に婚前旅行 [芸能・ゴシップ]

結婚することが明らかになった歌舞伎俳優、片岡愛之助(43)と女優、藤原紀香(44)が“婚前旅行”に出掛けていることが分かった。
複数の関係者の話を総合すると、2人は現在、沖縄県内に滞在中で、今週末まで国内の複数の場所を旅しながら愛を育むという。

愛之助の元恋人・熊切あさ美との“二股疑惑”“三角関係”を経て、互いにフリーとなった今年8月に交際宣言。
2人は愛之助の元恋人・熊切あさ美(35)との完全に破局を迎えたのち、紀香のもとへ騒動の謝罪に訪れたことがきっかけで急接近し、
友情が愛情に変わっていったという。2人は8月末に双方のブログで堂々交際宣言。
愛之助は「逆風を乗り越える相談をする中で次第に“絆”のようなものが生まれ、互いに大切な存在であることに気づきました」と。
紀香も「誠実に向き合い、大切にしていきたいご縁だと思っております」とつづっていた。
二人は互いに大人の間柄であり、他を寄せ付けない絆でつながっていると思われます。

愛之助は先週末に東京都内で仕事を終えてからオフに。
当初は海外旅行を考えていたが、仕事の都合でスケジュールが合わなかったことから国内旅行に変更。
現在、ラブラブな2人のようにアツい日差しが降り注ぐ沖縄本島の高級リゾートホテルで休暇を満喫しているという。

紀香は12日付のブログで「本日も素晴らしい日でした」と充実した言葉とともに、
夕暮れの美しい海の写真を掲載。愛之助も同日付のブログで「今、公私ともに色々な事を考えることが出来ています」とつづっており、
結婚の日取りを節分あたりにするか、年内にするのか2人でゆっくり話し合っているようだ。

愛之助はオフを満喫した後、大阪で「第8回永楽館歌舞伎」(兵庫・豊岡市、11月4~10日)の稽古に入り、
26日に東京・銀座の歌舞伎座で行われる「第28回東京国際映画祭」のスペシャルイベントで舞踊を披露する。

紀香も29日に同映画祭で上演されるドキュメンタリー「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」の舞台あいさつに出席予定。
2人からどんな幸せな言葉が飛び出すか、注目を集めそうだ。

ただ大物同士だけに、ゴールインまでにさまざまな調整が必要で「来春には」の思いで一致しているという。
挙式・披露宴などは未定だが、ここ10年はまったく休みのなかった愛之助が今週末から長期休暇を取る予定。
前日7日のイベントで紀香との順調な交際ぶりを明かした上で「週刊誌で僕が海外旅行に行くという記事を見るんですけど、切符もないのにどうやって行くんだろうと思っていました。でも、行ってみたいですね」と話した。紀香との婚前旅行もありそうだ。

関係者によると、2人はすでに、歌舞伎関係の後援者ら親しい関係者に結婚する意向であることを報告。
9月には、兵庫・西宮の紀香の実家を2人で訪れ、両親に「結婚を前提にした交際をしています」とあいさつしたという。
時期は互いの仕事の予定を見ながら調整しているが、愛之助が出演する来年のNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜・後8時)の撮影がいったん落ち着く来春が濃厚だ。

芸能界屈指のビッグカップルだ。2人はもともと友人関係だったが、5月末に一部週刊誌で親密な関係が報じられた。
当初は双方とも交際を否定。当時2人は紀香が主演するNHK・BSプレミアムの連続ドラマ「ある日、アヒルバス」で共演中だった。
一方で愛之助は、熊切との破局をめぐってこじれ、熊切サイドが「別れていない」と明かすなど泥沼化していた。

◆藤原 紀香(ふじわら・のりか)1971年6月28日、兵庫・西宮市生まれ。
44歳。神戸親和女子大在学中の92年に、第24回ミス日本グランプリ。95年に映画「BAD GUY BEACH」で女優デビュー。
以後ドラマ、ミュージカルを中心に活躍。日本赤十字広報特使を務めるなど社会貢献活動にも積極的。
07年2月にお笑いタレント・陣内智則と結婚も09年3月に離婚。171センチ、血液型A。

◆片岡 愛之助(かたおか・あいのすけ)本名・片岡寛之。1972年3月4日、大阪府生まれ。
43歳。81年に13代目片岡仁左衛門の部屋子となり、京都南座「勧進帳」の太刀持ちで片岡千代丸を名乗り初舞台。
93年、2代目片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座「勧進帳」の駿河次郎ほかで6代目愛之助を襲名。
13年のドラマ「半沢直樹」のオネエ口調の金融庁検査官・黒崎役で歌舞伎ファン以外にも注目された。屋号は松嶋屋。

 



スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

福山雅治さんの結婚ショックに、便乗結婚を期待したい政府の本音 [芸能・ゴシップ]

ハッピーエンド.jpg



「仕事が手につきません。帰ります」
「夕飯の支度ができない」。
女性ファンの嘆きは、いまだやまない。
歌手で俳優の福山雅治さんの結婚のためだ。
憧れの人に振られたようで落ち込むらしい。

恋人にしたい有名人のトップをひた走ってきた当代きってのイケメンである。
雅治の愛称から「ましゃロス」とも呼ばれる。
ファン離れを危ぶんだのか所属事務所の株価も一時は急落したほど。
まさに社会現象だろう。

ビッグカップルの結婚への官房長官の感想が別の波紋を広げる。
「ママさんたちが『一緒に子供を産みたい』という形で国家に貢献してくれれば」。
国のために子供を埋め、とも受け取れる言い方にあぜんとした。

過去の「産む機械」騒動を思い出したのか「結婚や出産は個人の自由」と釈明した。
しかし、つい本音が出ただけではないか。
女性ファンたちのグループな気持ちは、さらに沈んだだろう。

「さっぱり分からない」。
人気ドラマ「ガリレオ」で福山さん演じる物理学者の口癖だ。
難しい数式で事件の謎を解く。
ただ出生率を政権が掲げる1.8に上げる複雑な方程式は「お国のため」では解けるはずもない。
同じセリフをつぶやきたくたくもなる。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
芸能・ゴシップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。