So-net無料ブログ作成
検索選択

「思い」は「体」と同義語、情念の漫画家谷口ジロー逝く [訃報]

スポンサードリンク




谷口ジロー.jpg

「思い」は映画界の決まり文句である。
現場で助監督がよく口にするらしい。
例えば「次の場面は食後1時間たってる思いで、食卓は紅茶だけです」。
あるいは「思いとしては、主役は家にいったん戻って背広で手ぶら。いいですか」と。

「体(てい)」とも言い換えられる言葉だろう。
脚本に省かれている設定を読み取り、画面の隅々みまで気を配る。
部屋のしつらえや登場人物の手元一つに、作り手の意図がこもっているなら、観客の側の味わいも深まるはずだ。

漫画界でそれに精魂を傾けた一人が、悲報に接した鳥取市出身の谷口ジローさんだ。
作家関川夏央さんと組んだ「『坊ちゃん』の時代」、久住昌之さん原作「孤独のグルメ」と人気作を世に送ってきた。

地面に落ちる影の濃淡で季節を描き分け、雲の景色一つで暑さや涼しさを表そうと心掛けた。
一こまだけに丸一日を費やしたこともあると聞く。
小津安二郎監督の描写をほうふつとさせる」と日本以上にフランスで名を知られ、勲章も受けている。

中国地方の最高峰、大山を遠く望んで育ったせいか、山岳漫画はお手の物だった。
母なる山が大雪をかぶった時に不意の旅立ち。
どんな「思い」だったのだろう。


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。