So-net無料ブログ作成
検索選択

漫画家の聖地トキワ荘、手塚治虫、藤子不二雄の足跡を追う [世相雑感]

スポンサードリンク




トキワ荘のヒーロー.png

東京豊島区のその場所に立つと、胸が高鳴った。
手塚治虫さんをはじめ昭和20~30年代、漫画界の巨匠たちが若き日を送った「トキワ荘」の跡地だ。
35年前に解体され、今は記念碑のみ。
彼らが通った近くの中華料理店で当時からの名物ラーメンを味わう。

その一人、赤塚不二夫さんは書き残した。
「みんな同じ夢を持ち、みんなお金がなかったけど、トキワ荘は夢のパラダイスだった」。
競いつつ支えあい、数々の名作を生んだ姿が浮かぶ。

少し離れた公園に区が伝説のアパートを復元すると決めた。
手塚さんに続いて「藤子不二雄」の2人が使った部屋などを再現し、ミュージアム化する。
五輪の年が目標というが、往時の熱気はどこまで現代に伝わるか。

才能が有れば上京
そんな時代と違い、今や地方にもトキワ荘がある。
過疎が進む周南市の集落で6人が空き家を借りて暮らす「大道理まんが村」も一つ。
ことし東京の出版社の漫画サイトで一人が連載デビューした。
近所との交流も大切なネタだ。

今後にわくわくする。
半世紀たてば伝説の聖地はあちこちにあるかもしれない。
きょう手塚さんの命日。
漫画の神様は都会も田舎も分け隔てなく激励していよう。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。