So-net無料ブログ作成

若者よひるむなかれ、挑戦するたくましい勇気 [世相雑感]

スポンサードリンク




藤本結香.png

スイス・ローザンヌで開かれる国際バレエコンクールは、世界中の若手ダンサーの憧れの舞台。
このところ日本人の活躍が目覚ましいが、ことしは特に楽しみだった。
山口市の15歳、藤本結香さんがステージに立った。

自宅から離れた広島のバレエスタジオに通い、磨いた踊りが輝いた。
日本人の入賞は男子2人にとどまったが、国際電話の向こうの声は弾んでいた。
「最終選考に残れてうれしい」。
世界水準の健闘に拍手を送りたい。

実はコンクール直前に足を痛め、練習できない時期があったそうだ。
「踊りたかった。自分がどれだけバレエが好きか分かりました」。
踊る楽しさが真っすぐ伝わる演技が、高く評価されたらしい。
モナコ留学も決まり、プロの夢に向かってまた一歩。

夢を持つ若者が減っているという。
内閣府の調査では「うまくいくか分からないことにも意欲的に取り組む」という日本の若者は5割。
欧米諸国の8割と比べると寂しい。
好きなことを後押しする環境が不十分なのか。

藤本さんが帰ってきたら、一緒に練習するバレリーナの卵たちや学校の同級生とどんな話をするのだろう。
まぶしい背中がきっと、また別の新たな夢を育てる力になる。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。