So-net無料ブログ作成

鍋の季節も終盤戦、不気味なるお江戸の「闇鍋」の中身 [世相雑感]

スポンサードリンク




闇鍋.jpg

立春を過ぎ、なお残る寒さを、歳時記では「余寒」と呼んでいる。
冬将軍は先月半ば、33年ぶりの大雪を広島にもたらした。
まだ居座るなら、鍋奉行も当分の間、出番には事欠くまい。

あちこちの街角できのうも、催し物の鍋に湯気が立ち込めた。
売り切れ御免の「巨大牡蠣鍋」を据えた旧広島市民球場跡地をのぞくと、ぐずつく空模様の中、客が繰り出している。
100円玉2枚でカキが4粒入った汁に恵まれ、腹も心も温まった。

かつては外食の時に難儀した鍋好きがいるらしい。
断られたり お一人の鍋物は(岩下四十雀)。
1人でもテーブル席を取られ、時間もかかる・・・と嫌う店にでも当たったのだろうか。
近ごろは、「小鍋」と称し、お一人様向けの鍋料理本や雑誌特集が人気という。

日本の台所を預かる東京築地市場の移転話が定まらない。
千代田区長選のように旧来勢力と都知事との場外戦も絡む。
夏の都議選に向け、どう転んでいくか。
つばぜり合いの揚げ句、「闇鍋」から奇策がぬっと現れるような幕切れとならねばいいが。

きょう、明日あたりは余寒に身がすくむ雲行きと聞く。
それならば、やはり・・・。
又例の寄せ鍋に手もいたすべし(高浜虚子)


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。